ホームセキュリティーで住まいの安全keep〜防犯対策は大切〜

作業員

犯罪を回避

インフォ

まず、ホームセキュリティーに関してで工夫しておくと良いことは、家が留守であることを知られないようにする事です。当然、留守にしていれば泥棒も入りやすくなるのでリスクが高くなります。例えば、ちょっとした買い物の間に入られたりします。夜だったら、せめて玄関のところの電気をつけておくだけでもセキュリティーの面では良いです。ただし電気代が気になるかもしれませんが、現金などが盗まれるよりはまだ良いと思います。

防犯対策は、時代と共に進化してきました。
今までの防犯対策というのは、家屋の戸締りをしっかりしたり、防犯ブザー・外灯を付けておくなどの方法がありました。
家の施錠も、簡単にはあけられないくらいの性能の鍵に変えたり、二個ないし三個の鍵を付けたりして、さらに念には念を入れる防犯をされている所も多くみられるでしょう。
それでも心配な時は、ホームセキュリティーを入れて、何か異変があった時は警備員が飛んで来るという体制をとっている方がより一層安心だといえます。

今の時代は、隣組がない地域も多々ありますが、住んでいる一体のことは、住民の目で見守ることも大切です。
古くからそういう風習がありましたが、最近はそちらが弱くなってきている感じがしますね。御近所でおかしいと感じることがあれば、自治会に相談し警察に相談するという未然の行動も、忘れてはならないことです。近くで空き巣が入れば、すぐ回覧板を回して注意を呼びかけることや、公園付近に深夜集まる若者達の動向も、御近所の人たちは注意をしておけるといいですね。